産後ダイエットで旦那を見返せ!アラサーママブログ

8ヶ月終わりで腹囲1m越え&16キロ増加&妊娠線バリバリ、どこまできれいになれるのか!?

産後のおっぱいの悩みとマタニティブルーは人に相談&ミルクアップブレンドで解決!

      2016/03/03


0421baa3bba11fcda06d0433b6491b03_s-compressor

退院してきて、家でも母乳を頑張っています。

 

なかなか最初はうまく行かなかったんですよ・・・出ないし、張って痛いし。

 

目次

一例として、エリー’Sおっぱいの推移はこんな感じ

産前は、いい感じに乳管開通して、時折ぴゅるっと分泌液が飛び出る

母乳を出して産後ダイエットに役立てるんだ~と、経済的に完全ミルクだとうちやってけないかも~と、そして8ヶ月頃からは赤ちゃんでっかいから早く生まれておくれ~!いう理由で、6ヶ月、いや5ヶ月ごろからかなり熱心にお風呂でおっぱいマッサージをやっていました。

 

 

そのおかげか、検診で何度か助産師さんにチェックしてもらったときには、『乳輪をつまめばぷくっと分泌液が沸いてきて、時にはぴゅる!っと液が飛び出す』という段階にまで変化しました。これ、けっこう優秀な状態だそうです、やったねウフフ。

 

努力した甲斐があったなぁという思いもあるし、体質によってはもっと熱心に取り組んでいてもどうにも整わないという人も世の中には多いというので、一概に頑張った=成果になったとはいえません。たまたま、私がうまくことが進んだというだけです。

 

出産直後→でない(つまめばじわじわ程度)&赤ちゃん超おちょぼ口で飲めず

娘は3,852gのビッグサイズで生まれましたが、おくちは可愛らしくおちょぼ口。大きくクチを開いて、おっぱいにパクリ!が出来ませんでした。
(私のはそんなにデカイ方ではないのですが・・・)
出産直後、貧血のようになり半日ベッドから起き上がることができず、その間に一度だけベッドのところに娘が連れてこられましたが、おっぱいをくちにふくませるも、うまく出来ず、そのうち本人も疲れて「zzZZ・・・」という状態。足の裏をくすぐっても、全然起きません。

b4a65973c1934138ac6322fa63733510_s-compressor

ただ、助産師さんや看護師さんいわく「この子、すっごく吸いつきが強いよ!哺乳瓶のミルクぐいぐい飲んでるよ!」と教えてもらいました。きれいに洗った指を口元に近づけると、ちゅーちゅーけっこうなパワーで吸ってきます。ただ悲しいかな、パワーはあってもスキルが無いので直接吸えないんですね。直接おっぱいから吸うには、アヒルのようなクチで吸い付かなくちゃならないんですが、娘は上唇が中に少し巻き込んでしまってる状態。哺乳瓶ではこれで良いんでしょうが、おっぱいを吸うには技レベルが不足しているようです。

 

そして私の側も、じわじわ~っとしかまだ出ないので、ムキー!と怒って泣くんですよ。おっぱいを百烈張り手で押しのけて真っ赤になって怒って泣くので、こっちもションボリ・・・。

 

哺乳瓶の乳首をおっぱいに当てて、間接的に授乳!

対応策ということで、母乳実感という種類の哺乳瓶の、乳首を自分の胸に当てて、保護器のようにしてぱっくんちょさせてみました。

するとなじみのある哺乳瓶の感触だからか、怒らずにちゅ~っと吸ってくれるように!

 

問題はここからでした。。保護器の中に母乳を充たしてあげないと娘は飲めません。自分の片手だけでなく、助産師さんの2本の手も借りて、張り始めた痛いおっぱいをわしわしと揉み潰す作業・・・これが地獄でした。あっという間におっぱいは青あざだらけ。でもこうしないと母乳量は増えていかないよ!と檄が飛びます・・・。

 

なにせ娘は吸うパワーは強いんです。保護器の中にさっさと母乳を充たしてあげないと、保護器の中の空気があっという間に吸われて真空状態になり、おっぱいに激痛が・・・(;口;)このスタイルに半日でなれた娘はその後毎回保護器をぺったんこに吸い上げ、私は悶絶しつつおっぱいをわしづかみするというのが続きました。もちろんこれだけでは哺乳量が足りないので足しミルクをしました。

 

退院二日前からおっぱい生産工場が急稼動!?→熱を持ちパンパンに張って痛い!

歯を食いしばって授乳をして2日半。その日の夕方から急におっぱいがパンパカパーンに重たくなってきました。

そして、熱い、重い、痛い~!!

授乳の時、手でぎゅーっとやっても、一滴も出てこない!でも痛い!!

 

 

助産師さんが言うには、初産の人には多いことらしいです。今まで稼動していなかったおっぱい工場が急にフル稼働し始め、オーバーヒート気味になってしまうんだって・・・。血行をよくして、母乳や血液のたまりを散らすために、葛根湯が処方されて、この日から毎食前に飲むことになりました。

また、助産師さんが容赦なくそんなパンパカパンパンおっぱいを揉み潰してくれて(ちょっと恨み節)だんだん母乳が出るようになりました。

 

 

前の晩までは、30分以上頑張って手搾りで搾乳して「10~20ml」がやっとだったのに、この日の夜からは15分で「50ml」とか搾乳できるようになりました。(毎回ではありませんでしたが)

退院後、保護器使用→保護器いらず→直母と搾乳、ときどきミルクでのんびりと

76e2529c5753541368e01153ffe384ac_s-compressor

退院時、助産師さんと相談して今後の授乳スタイルを決めました。

 

「そのうち体重も増えて日にちも経っていけば、赤ちゃんは飲むのがうまくなる」
「母乳の量も増えて安定すれば、怒り泣きは減っていくと思う」
「だから今しばらくは面倒かもしれないけれど保護器を使って、夕方や夜はお母さんも体を休めたいからミルクを60ml足そう」

ということになりました。

ミルクのほうが母乳よりも消化に時間がかかるから、次の授乳まで時間が開くんだそうです。なのでその隙に少しでも私が体を休めて眠って、母乳が出来るようにということだとのこと。睡眠を取って体を休めると、母乳が製造されるんだそうです。

 

時間が解決するものが多いから、とにかく焦らないで、のんびりとという感じで。そして、私も最初のようにかたくなに「母乳オンリーで!」と考え詰めないことにしました。ミルクがあるから大丈夫~♪そんなふうに考えるように自分に言い聞かせました。

 

 

それでも、やっぱり娘に生おっぱいを手で押しのけられたときには何度も涙は出ました。吸わせる刺激が無いと母乳量は増えていかないので、泣かれてもまずは保護器付きのおっぱいをギャン泣きされながらも与えました。

 

やっぱりマタニティブルーになってしまう

秋の涼しさが、なんだか胸を締め付け、静けさが怖くて、テレビをつけたりラジオをつけるんですが「世の中に置いていかれたような寂しさ」を強く感じて、辛くなってきました。静かなのが怖い、でも音を聴いていても切ない。どうしたらいいんだろう??焦るような気持ちになっていきました。

 

退院してきた日、結局洗濯を自分でやったり、買い物に行ったりして疲労困ぱいになり、そこから2日お腹を壊していたり、全然食欲がわかなかったり。そんな状態で、娘が泣いておっぱいをイヤイヤして、ミルクはぐいぐい飲みます。

 

ダンナは朝8時には家を出て、帰りは遅いです。赤ちゃんと二人っきり、幸せなはずなのに、苦しいなぁと感じてしまったり・・・。

 

困ったときは、人に話を聞いてもらうのが一番だった

どんなに自分で「ミルクがあるから大丈夫さ~」なんて言い聞かせても、自分のひとり芝居だから、ふとむなしくなるし、だんだん薄暗くなる夕暮れの自宅の居間で、ずんずんブルーになって心が切なくなっていくのを感じました。

pict2-a0002_004054

ダンナのおかあさんは、あまり(私よりも)母乳が出ないほうだったらしく、相談しても「でも出てるんだから羨ましいよ」としか言ってもらえなくって、あまり相談も出来ません。

そこで、後期の母親教室で知り合い、お友達になったママ友にラインで相談してみました。彼女は私よりも7つほど年上で、既に3人の子供を持つ先輩ママです。オマケに私と同じく元保育士というところもあり、恐慌状態になってしまった私はすがる思いでラインでメッセージを飛ばしました。

 

いくつかメッセージをやり取りしたのち、向こうから電話がかかってきて、声を聞いた瞬間に号泣してしまいました。

 

「ひとりで頑張ってたんだね」って言ってもらえた

「助産師さんのすすめとはいえ、哺乳瓶の乳首を当ててじゃあ、吸えないよね~」
「ひとりで頑張ってたんだねぇ」と、言ってもらい、涙が止まらなくなってしまって^^;

 

『おっぱい外来や、助産師さんがすべて正解では無いよ、何よりなのは娘ちゃんのために考えてあげられることだよ~』
『無理しないで、旦那さんおかあさんや旦那さんにもっと甘えようか』

解っていたけれど、改めて言ってもらえて、すごく嬉しかったんです。そして毛ひとつ、目からうろこが落ちるようなことを言われました。

 

哺乳瓶を嫌がらないことのほうが実はすごく得だよ!

哺乳瓶に搾乳を入れて飲ませれば、哺乳量がわかるし、、人に預けるときにも便利だし、母乳もミルクもよく飲むなら言うこと無いよ!時間がたてばおっぱい大好きになるから、今はず~っと搾乳でもエリーさんが楽になるならそうしちゃえばいいよ!

 

あ、そうだったのか。哺乳瓶を嫌がらずにいてくれるほうが、世のお母さんの大多数はありがたいと感じることなのか。

中身も、ミルクでも母乳でも嫌がらずに飲むし、それじゃあ、娘はすごく優秀なのか!!

 

実際、このママ友以外にも、ツイッター等で呟いたら、実に多くのママ&パパから反応がありました。

「長男は母乳、長女はミルクしか受け付けなかったから、歯医者もなかなかいけなかった」

「哺乳瓶OKで、母乳もミルクもOKだなんて、無双状態ですね!」

「最初から哺乳瓶を嫌がらないとか、すごく良いですよ!」

そう思ったら、なんだか嬉しくなってきて、これはこれでまた涙が出ました。娘を抱っこしながら、ああ困ってばかりでごめんね、あなたはこんなにオールマイティーなのにって、抱きしめました。

 

 

結局、ちょっとしんどいなと思ったときは、無理せず搾乳やミルクにして、どれだけ飲めたかを数で確認することで、気持ちを安定させようという方向にしました。近々母乳外来に通いますが、助産師さんの指示通りじゃなくても、娘のためを第一に考えられるように私の気持ちが強くならなきゃ、そしてそれでいいんだ!と、少し自信をもてるようになりました。

 

母乳が出るようにしっかり水分補給は意識。産後2週間で搾母乳100ml越え

母乳の原料は自分の血液。サラサラの血液で、栄養たっぷりの母乳にするために、出来ることはしようと思いました。今までは冷蔵庫で冷やした麦茶を一気飲みするのが好きでしたが、母乳の分泌に効果のある、フェンネルの入った母乳量増加に良いハーブティーを食事の時や授乳後によく飲むようになりました。

そのお陰か、退院して1週間後、産後2週間目にして、搾乳が100mlを越えました!

 

pict2-2015-09-12-13.45.33-compressor

冷蔵保存♪

その後も、ミルクアップハーブティーをこまめに飲んだ結果こうなった

ミルクアップハーブティーで母乳量増加!

100ml越えを維持・・・!

pict2-2015-09-22-13.50.49-compressor

哺乳瓶ギリギリ、めもり一杯の160mlまで一気に出るように!

↓エリーの母乳を安定させてくれた、不安要素解消のハーブティーはこちら↓


ちなみにタンポポコーヒーも一応試したんですが、妊娠中カフェインはダメだ~、っという生活をしていたからか、ノンカフェインとわかってはいても、コーヒーと同じような味わいだからか気が引けてしまうんです・・・。

その点、ハーブティーはさっぱりしてて飲みやすくて、無理して水分を撮るぞっていう気分にもならなくて良かったです。産後3週間目になり、今では直接母乳を飲んでくれるようになりましたし、、時には飲みすぎて鼻から母乳がタラ~っと・・・汗

 

 

 娘の飲む量より毎回母乳量が上回り、ミルク不要+体重がスルスル減った!

その後もぐんぐん母乳は出るようになり、産後3週間になる頃には、更に量が安定もしてきました。

pict2-2015-09-21-07.24.04-compressor

疲れて母乳量の減っちゃう夕方も、余裕の100ml越え。なので夕方~赤ちゃんの就寝前はおっぱいの授乳のあとにミルクを足していたんですが、保存しておいた搾乳でOKになり、ミルクを一切使わなくなりました!やったー!\(^o^)/節約になる、助かる~♪

pict2-2015-09-20-22.08.39-compressor

一度に娘の飲む量よりも出ちゃうので、娘が飲む程度の量にあらかじめ分けて保存(笑)

pict2-2015-09-21-19.17.11-compressor

3本になっちゃう事も・・・汗

 

嬉しいのが、母乳がスムーズに出るようになったからか・・・

 

産後三週間に入る頃には、体重がほぼ妊娠前の体重まで戻りました!!!

 

実に、15キロ減!

 

もちろん今はまだ産褥期と呼ばれる時期なので、筋トレなどは一切していません。食べるものにちょっと気をつけて、母乳量が増えるミルクアップブレンドハーブティーを飲んで水分量を意識して、いっぱい母乳を出しただけです。

(なので、まだお腹はだいぶへっこんだけどタルルン・・・とはしていますw)

 

 

それでも、体が思うように動く!体が軽い!もう何も怖くない!

これから1ヶ月検診を受けて、そうしたら外へ出られるようになります。出産直後は、重たい体のまま一ヶ月検診を終えて外に出ても、動くのがしんどそうだなぁと思っていました。

 

でもこれだけ体が元通り軽くなれば、動きやすくなって、更に体も絞れて・・・わくわくしてきます。怖いものはないぞ、どこまでも散歩に行けちゃう♪そんな気分です。

 

 

 

言っておきますと、私は、ちっとも母乳信仰じゃありません。ミルクもあるし、実家の母も、ダンナのおかあさんも、混合栄養で私やダンナを育てていますし、だからこそ私がナーバスになってたらミルクあるし平気よ!とすぐに言ってくれます。でも、何かひとつでも順調に行くと、それだけで、精神的に救われたんです。

 

 

 

お財布に優しい事と、産後のダイエットに一番効果があるから母乳を出したい

pict2-2015-10-23-12.38.50-compressor

でも、やっぱりごくごくと直接おっぱいから母乳を飲んでくれると、ああ順調なんだな、これで良いんだなって、自分に自信が出てきたし、精神的にすごく落ち着いたんです。今では、検診が終わったら早速地域の子育て支援センターへ遊びに行こうとか、ベビーカーで散歩しようとか、娘におもちゃを買いに行こうとか、楽しいことをたくさん考えられるようになったんです。

直接飲んでくれると、夜中に調乳しなくてもいいし、哺乳瓶の消毒もしなくて良いし、搾乳機を毎回分解して洗って消毒もしなくていいので、時間が全然かかりませんから、体も楽です。

 

 

事実、妊娠して体重が15,6キロは増えてしまった私ですが、この3週間でほぼ妊娠前の体重に戻りました。

 

おっぱいもつまり知らず、片方飲まれれば、もう片方もボタボタ滴るくらいに出るようになりました。

これからも、人に相談して、スムーズに母乳が出るようにもして、とにかくストレスフリーに産後ダイエットと育児に励もうと思います!

↓エリーの母乳を安定させてくれた、不安要素解消のハーブティーはこちら↓

ミルクアップブレンドの何が母乳に効くんだろう?秘密はフェンネルとフェヌグリーク

このミルクアップブレンドのハーブティーには

フェンネル、フェヌグリーク、たんぽぽ(根)、レモンバーベナ、ネトル、クリーバーズ、レモングラス、 ジンジャー

この8種類のハーブが入ってます。

 pict2-7f01b9459832d9441d94ca7e25bbea4f_s-compressor

主成分のフェンネルは子宮を収縮し消化吸収を助け母乳量を多くする薬草として、フェヌグリークは母乳量を増やすとして古来から重宝されていたハーブです。

 

pict2-e89d8ce5f7296c91ed5dc2274db50cb3_s-compressor

たんぽぽ根は、タンポポコーヒーなどで知られるように、これもまた母乳分泌をサポートする生薬ですし・・・

pict2-09680d2f4dd2e89199c5225c0e2fbc17_s-compressor

レモングラスも母乳分泌に効果があるといわれています。

ミルクアップブレンドは、「母乳分泌に効果の高いハーブ・生薬」だけでもひとつならず複数を組み合わせて、母乳量をぐんぐん増やすサポートをしてくれます。

 

量を増やすだけではダメなんです。母乳は白い血液と呼ばれることもあり、お母さんの血液から作られます。なので、体が冷えて血の巡りが悪くなっていると当然スムーズに出ないですし、食生活が乱れて血液がドロドロだと、作られる母乳もどろりと油膜が張って美味しくなくなり、赤ちゃんが飲んでくれなくなります。

pict2-0a8e9f57c92b72fd7c93895c5cc0d2bb_s-compressor

ジンジャー(しょうが)は体を温めて血の巡りをよくしてくれ、聞きなれないクリーバーズというハーブは、デトックス効果が高く、むくみやうっ滞を取り除きます。おっぱいが張って母乳が詰まるのはよくあるトラブルなんですが、酷くなると乳腺炎になって、化膿して手術が必要になる場合もあるので、詰まらずに母乳が出てくれることも、すごく大切なんですって。

 

ネトルは鉄分やミネラルが豊富なハーブで、授乳中のお母さんにはありがたいハーブです。レモンバーベナはリラックス効果の高いハーブで、ストレスを感じやすい産後のおかあさんをサポートしてくれます。疲れやストレスがあると、母乳は分泌量が減ってしまうので、リラックスしてゆったりとした気分でいることも、おっぱいを増やす大事なキーポイントともいえますね。

 

 

栄養価を高めて、スムーズに流れを整えて、量も増やす。

それを、体に優しい天然のハーブ・生薬で叶える為のものがミルクアップブレンドハーブティーです。天然素材なので、母乳から移って気になりがちな成分の面でも、赤ちゃんに優しく、そのままこのハーブティーを赤ちゃんが飲んでも大丈夫なほどなんです。

pict2-2015-09-24-16.13.39-compressor

今日も16時のちょっとお疲れの時間帯に差し掛かっても、安定の搾乳100ml越え♪
明け方にはちょっと張りますが、詰まることもなく、今のところトラブルしらずです。

明日一ヶ月検診です。今後は娘も飲む量が増えて、搾乳を捨てることもなくなるでしょうし、飲む量が増えるに伴って私もたくさん順調に母乳が更に出るようになっていくと思います。産後の一ヶ月で元の体重に戻れて、更にここから授乳生活は続くので、妊娠前より体重が減って、ダイエットも順調に進んでいくと思います。

 

かわいい娘をつれて、妊娠前より軽やかにあちこち散歩できるのが楽しみです!(*^o^*)

 

追記:フェンネルだけでもいいと思ったんだけれど・・・

a1180_014224実は 妊娠前から、ハーブやアロマのことが好きで、生活にもよく登場していました。もっぱらそのころ、フェンネルティーは母乳促進という目的じゃなくて、食べ過ぎたあとで、胃をスッキリさせてくれる効果を期待してのものでしたけど・・・。

 

ハーブの本にも、フェンネルは乳汁促進の薬草と書いてあって、ミルクアップブレンドのハーブティーじゃなくても良いかな?って最初思ったんです。

 

でも、フェンネルって、ちょっと独特の風味があって。。例えるなら、カレー系のにおい。でも甘いにおい。
くせのあるものが多いハーブティーというジャンルのなかでも、そこそこクセのあるやつで、あまり得意じゃないんです・・・。毎日飲むなら、もうちょっと飲みやすいのがいいなぁと思って、ブレンドしてあるミルクアップブレンドに行き着いたんです。

 

フェンネルのみのハーブティーより、ミルクアップブレンドのほうが私はずっと飲みやすい味だな感じたんですよね。

ほぼ毎日飲むんだから、少しでも美味しく飲めるほうがいいもんねw

↓エリーの母乳を安定させてくれた、不安要素解消のハーブティーはこちら↓

 - おっぱいの話, レポ・体験談!, 体重の変化 , , , , , , , , ,